会計入力
診療情報の入力オペレーション


医療事務のお仕事

大人気♪医療事務講座
取り寄せて比較
医療系の講座情報



病院での診療行為は、すべて点数(1点=10円)に置き換えられます。この点数は診療報酬点数表と薬価基準表に定められていて、全国どの医療機関でも同じです。

診察料(基本料金)に、診療行為手技料や使われた薬剤料の点数を加えた合計点数から計算して診療費が算出されます。
医師が実際に行った診療行為や投与した薬剤をカルテから読み取ってコンピューター(レセプトコンピュータ)へデータ入力することがオペレーション業務です。

医師は診療報酬点数表をふまえた上で診療を行い、その記録をカルテに記載します。 診療報酬点数表には様々なルールや算定条件が決められていますが、医師はカルテにそれらの算定条件は記載しません。オペレータは、ただカルテ通りに入力すれば良いというわけではなく、これらルールに則ってデータ入力をしなくてはなりません。
ここで入力された内容によって診療費が決定し、患者本人への請求金額、保険請求のレセプトとなるので、病院の収入に直接影響を及ぼします。
スピーディかつ正確さを求められる大事な業務です。


案内資料を無料送付!
人気資格・技能特集
医療事務講座



[]

医療事務とは
医療事務の勤務先
医療事務の業務内容
 外来受付
 外来クラーク
 病棟クラーク
 会計入力オペレータ
 レセプト作成
 医療秘書
医療事務の資格


(C)医療事務の仕事と資格