レセプト業務
診療報酬明細書の作成


医療事務のお仕事

大人気♪医療事務講座
取り寄せて比較
医療系の講座情報



保険診療の場合、診療にかかる費用は患者本人が3割負担で残り7割が保険から支払われます。
診療費を計算し、その7割を医療機関から保険元に請求するための請求書を診療報酬明細書(レセプト)と呼び、これを作成し請求する仕事をレセプト業務と呼びます。請求先となる保険元は国や健康保険組合となります。

患者本人に対する保険診療は診療後の会計にて請求しますが、国や健康保険組合に対しては月単位でレセプトを作成して提出・請求となります。
レセプトは患者一人の1ヵ月分の診療内容を点数に置き換えたもので、その点数に応じて診療費が算出されます。レセプトは決められた期日までに提出しなければなりません。

レセプトに不備があった場合、請求した医療機関にレセプトが差し戻される(返戻)ことがあります。
この返戻されたレセプトは、再び点検し再提出するため支払いが少なくとも1ヶ月遅れることになります。返戻されるレセプトの数が多いと病院経営を圧迫しかねません。
専門知識を要するレセプト業務は、病院経営をも左右する大変重要な仕事です。


案内資料を無料送付!
人気資格・技能特集
医療事務講座



[]

医療事務とは
医療事務の勤務先
医療事務の業務内容
 外来受付
 外来クラーク
 病棟クラーク
 会計入力オペレータ
 レセプト作成
 医療秘書
医療事務の資格


(C)医療事務の仕事と資格