おしごとカタログ
カラーコーディネーター

案内資料を無料送付!
通信講座で資格を取ろう!
人気の在宅ワーク技能


■仕事内容
色が与える効果を考えながら最適な色の組み合わせを選定・提案する仕事。
個人に似合うファッションアイテム、メイクの提案、企業ロゴやイメージカラーの提案、店舗のディスプレイ、建築物やインテリアの空間配色のプロデュースなど。
色が人に感じさせる心理的影響はかなり大きく、様々な場面で活躍が期待される、色に関する専門家。

■主な職場
カラーコンサルティング会社、ファッション関連、アパレル・自動車・家電製品などメーカーの商品開発や企画部門、インテリア・設計事務所など。フリーとしてパーソナルコンサルタントや色彩セミナー講師など。

■必要な資格・スキル
カラーコーディネーターとして働くための資格は特に必要ではないが、美術系の大学・専門学校、もしくは通信教育などで色彩に関する専門的な知識を学習し、ファッションコーディネート色彩能力検定やカラーコーディネーター検定を取得しておくと有利。
色が果たす役割や機能などといった色彩理論、色の流行に敏感で常に美的センスを磨く。

案内資料を無料送付!
通信講座で資格を取ろう!
人気の在宅ワーク技能

一覧へ戻る
(C)お仕事カタログ