おしごとカタログ
気象予報士

案内資料を無料送付!
通信講座で資格を取ろう!
人気の在宅ワーク技能


■仕事内容
気象庁から提供される高度な予測データを分析し、独自で気象予報を行う仕事。数値予報データや気象衛星、レーダーや地域気象観測システムの観測データなどを利用し、天気図やグラフなどを作成して総合的に天気を予想する。
船舶の最適航路予測、港湾作業や建設作業のためのアドバイス、野外イベント実施可否のための気象予報の提供、天候が売上を左右するリゾート施設や小売業への情報提供、テレビ等のお天気番組の作成や天気解説など。

■主な職場
民間の気象会社、テレビ・ラジオ局のお天気キャスター、レジャー関連会社など。

■必要な資格・スキル
気象予報士の国家試験合格が必須。受験資格は不問。
気象学の基礎的知識に加え、予報業務に関する知識や気象概況及びその変動の把握、局地的な気象の予想、台風等緊急時における対応など。
気象予報技術に必要とされる知識は広範囲にわたり、データ解析など高度な専門技能も求められる。尚、気象会社が作成した予報を解説するだけなら資格は不要。

案内資料を無料送付!
通信講座で資格を取ろう!
人気の在宅ワーク技能

一覧へ戻る
(C)お仕事カタログ